カラーコンタクトレンズ安心活用法

おすすめサイト

カラーコンタクトレンズの規制とは

カラーコンタクトレンズの規制とはという点について述べていきます。カラーコンタクトレンズの規制には一体どのようなことがあるのでしょうか。薬事法が改正される前のカラーコンタクトレンズは、レンズに用いられる染料が目で溶け出すことで健康被害をきたしていました。薬事法の改正によりカラーコンタクトレンズの染料の規定が厳しくなり、今ではそのような粗悪品はほとんど見られなくなりました。規制が厳しくなることでカラーコンタクトレンズの品質を十分に保つことができるようになりました。

カラーコンタクトレンズと規制の背景

カラーコンタクトレンズと規制の背景という点について述べていきます。カラーコンタクトレンズと規制の背景には一体どのようなことがあったのでしょうか。以前カラーコンタクトレンズは医療機器ではなく雑貨扱いでした。それにより販売する規制がなく、誰でも売ることができました。カラーコンタクトレンズは目に使うものであり、そのようなものを雑貨扱いでいいのかという論議をかもし出し、今では高度管理医療機器として認定されました。

高度管理医療機器とカラーコンタクトレンズ

高度管理医療機器とカラーコンタクトレンズという点について述べていきます。それは一体何のことなのでしょうか。健康被害の集計をしているのが厚生労働省であり、数多くの健康被害報告を確認した厚生労働省はカラーコンタクトレンズを高度管理医療機器として規制しようというと働きかけました。その結果、現在ではカラーコンタクトレンズは高度管理医療機器として扱われています。

Copyright 2012 カラーコンタクトレンズ安心活用法 All rights reserved